宅配水の有効活用方法|宅配水で料理してみよう

宅配水の利用イメージというと、飲む、という行為がメインだと思います。

 

コーヒーや紅茶、さらにはお茶といったものを飲むときに利用するケースも有りますよね。

 

温水機能もサーバーにはあるわけですから。

 

しかし、宅配水を飲むだけに利用していては、使いこなしているとは言い難いのです。

 

こちらでは宅配水の有効活用方法として、料理に使うことをおすすめさせてもらいます。

 

そもそも、なぜ料理に宅配水を使うのがおすすめなのでしょうか。

 

 

■ご飯の味わいが美味しくなる!

 

・ご飯の味を邪魔しない宅配水

 

お酒の味わいって水によって大きく変化しますよね。

 

きれいな水の産地で、美味しいお酒が作られていることを考えると、いかに水が大きな影響を与えるかが分かってもらえると思うんです。

 

ごはんを炊くときには水を使うわけです。

 

しかし、水道水では美味しくない、といったイメージがありませんか。

 

そこで宅配水を利用するわけです。

 

宅配水には、絶妙なバランスのミネラルが含まれています。

 

そのまま飲んでも美味しいわけですから、ご飯に利用しても美味しくなるわけです。

 

白米は炊かれる時に、しっかりと水分を吸収することになります。

 

水のミネラル分もこの時に吸収しているのです。

 

その結果、ご飯の味を崩さずに自然な味わいが実現します。

 

要は、白米そのものの甘さ、といった味わいを邪魔しないのです。

 

水道水の場合は、元々の味わいがキツイので、どうしても白米本来の味を邪魔してしまいます。

 

十分に注意してくださいね。

 

 

■和食にピッタリと合う宅配水

 

・高級料理店の味わいが家庭でも実現可能に?

 

日本料理店では、料理に使う水は水道水ではない、ってご存知でしたか。

 

実は井戸水などを使用しているのです。

 

水道水を利用してしまうと、水道水特有のあの臭いが料理に移ってしまうのです。

 

香りから受ける料理の印象は極めて大きいわけです。

 

水道水を使ってしまうと、せっかくの和食も風味がぶち壊しになってしまう可能性も高いです。

 

宅配水であれば、水道水のようにたくさん加工されているわけではありません。

 

しかも、天然水であればカルシウムやミネラルのバランスも絶妙なのです。

 

特に国内で採水される天然水はミネラル量が少なく、料理の味わいを引き立てる役割を果たします。

 

味噌汁を作るときには宅配水がおすすめ、といった話を聞いたことがありませんか。

 

実際に作ってみると、味噌の風味が引き立つのがわかると思いますよ。

 

ぜひ実践してくださいね。