赤ちゃんのミルクになぜ宅配水が安心なのか?

赤ちゃんがいるご家庭で導入されている機会が非常に多くなっているのが宅配水です。

 

赤ちゃんは非常にデリケートな存在でもあります。

 

なぜ、赤ちゃんがいる家庭に宅配水の利用率が高くなっているのでしょうか。

 

実は、赤ちゃんにとって宅配水は非常に安全性の高いものなのです。

 

赤ちゃんのミルク作りと宅配水の関係性について詳しくお話させてもらいますね。

 

 

■赤ちゃんは水道水を飲むと問題が起きる可能性あり

 

・水道水には塩素が含まれている

 

塩素は、特に大きな問題にはなりません。

 

しかし、それは大人限定となります。

 

赤ちゃんが飲むと色々な問題が起こってしまうケースも報告されているのです。

 

水道水は殺菌しなければいけないので、塩素が含まれています。

 

塩素は殺菌作用があるほど強い機能を持った成分になります。

 

ですから、赤ちゃんにはよくないものなのです。

 

確かに、塩素は沸騰させることで取り除けます。

 

しかし、塩素が含まれることで、水の中に発がん性物質が発生してしまいます。

 

それを飲み続けてしまえば、赤ちゃんに将来的に何らかの問題が出てくる可能性だって捨てきれないわけです。

 

その点、宅配水には塩素が含まれていません。

 

安心して親御さんも調乳に利用出来るのです。

 

 

・金属物質などが含まれている

 

水は何も含まれていないように見えて、微量の物質が含まれています。

 

特に問題になるのが金属製の物質です。

 

水道管などのサビも含まれてしまう可能性もあり、どうしても身体にとっての有害物質が含まれたままなのです。

 

宅配水であれば、しっかりと濾過された水であったり、フィルターを通して徹底的に取り除いているので、金属物質などの不純物を摂取してしまう可能性は極めて低くなります。

 

 

■宅配水の硬度にもメリットが有る!

 

・宅配水の硬度は低く、軟水タイプが多い

 

赤ちゃんのミルク作りには、軟水でなければなりません。

 

硬度が高い硬水であると、赤ちゃんが処理しきれなくなります。

 

具体的に説明すると、赤ちゃんの胃腸はまだまだ未発達なので、ミネラル成分を消化しきれないのです。

 

硬度の高い水はミネラル成分が多く含まれていますよね。

 

実際に、赤ちゃんが硬水を飲むと下痢をしてしまうのです。

 

一方の赤ちゃんに適している宅配水ですが、基本的に軟水タイプがメインとなります。

 

硬度が低いタイプが多いので、安全性が極めて高いわけです。

 

しかも、宅配水の中には、超軟水、と呼ばれているものもあります。

 

超軟水は硬度が30以下なので、ほとんどミネラルが含まれていません。