宅配水の選び方〜水の種類や価格について〜

宅配水を選ぶときに注目して欲しいのが、どれを選ぶのか、といったことです。

 

宅配水といっても種類がひとつしかないわけではありません。

 

数多くの種類があるからこそ、選びぬかなければならないのです。

 

選ぶとなるとかなり多くの視点があると思うのですが、こちらでは水の種類、そして価格についてお話します。

 

実際に、どんな水の種類があって、どんな価格帯となっているのでしょうか。

 

 

■宅配水を水の種類から選ぶ時に注目すべきこと

 

・天然水
・RO水
・純水

 

宅配水で取り扱っている水の種類ですが、基本的に上記した3つのタイプに分かれています。

 

それぞれの特徴があるので、必ず把握して地震にあっているものを見つけ出してくださいね。

 

 

・天然水の特徴とは

 

天然水は、その言葉通りに天然の水です。

 

自然界にあったものを沈殿法など、限られた処理しかせずに我々のもとに届けられます。

 

ミネラルなども自然についたものしか含まれていません。

 

添加物がないのです。

 

ちなみに、味が美味しいとも言われているのが天然水です。

 

 

・RO水の特徴とは

 

不純物をきれいに取り去っています。

 

原料は水道水となっていますが、カルキ臭さのもととなっている塩素なども綺麗に取り除いているのです。

 

安全性は極めて高いとされています。

 

一方で、ミネラル成分も取り去ってしまうので、加工の中で添加されることになります。

 

添加物がある、といったことになりますが、それほど問題にはならないとされているので安心しましょう。

 

 

・純水の特徴とは

 

RO水と似ているのですが、不純物を限りなく取り除きます。

 

まさに水そのもの、といった状態なのです。

 

しかし、注意して欲しいのが、RO水とは違ってミネラル分の添加はありません。

 

添加物なし、となるのです。

 

硬度は限りなくゼロに近く、赤ちゃんの調乳に適している水としても知られています。

 

 

■価格から宅配水を選ぼう!

 

・一般的な宅配水の価格とは?

 

1ボトルあたり12リットル入りであれば、1,000円から2,200円前後になります。

 

かなりの価格差を感じてしまうかもしれませんが、実は水の種類によって価格には差があるものなのです。

 

安い水の種類としてはRO水と純水になります。

 

RO水と純水は、原料に費用がかかりません。

 

水道水を加工しているからです。

 

価格帯としては、12リットルで1,000円から1,500円が目安です。

 

一方の天然水に関しては、12リットル入りで2,000円前後とRO水と純水に比べて高額です。

 

価格重視で宅配水を選ぶのであれば、RO水や純水をおすすめします。

 

一方で、原料の良さに注目するのであれば、天然水がお勧めですよ。