すごい!ライフスタイルに合わせて選べるのが宅配水

宅配水といえば、画一的な利用しかできないと思われているのです。

 

そんなこともあり、一人暮らしでは有効活用できないのではないか、と考えられてしまっています。

 

しかし、最近の宅配水サービスは、ライフスタイルにしっかりと合わせて利用できると評判なんですよ。

 

こちらでは、それぞれのライフスタイルに合わせた利用について詳しく解説します。

 

 

■夫婦とお子さんが一人の一般的な家庭の利用について

 

・最も効率的に利用できる

 

ウォーターサーバー業者としても、夫婦と子語も一人の3人家族の利用をメインターゲットとしています。

 

ですから、利用はかなりしやすいですよ。

 

例えば、ウォーターサーバー業者の利用にはノルマ、といったものが関係してくるのです。

 

そんなに厳しいものではなりませんが、1回の注文は2ボトル以上、といったものです。

 

家族がいる状態であれば、水の消費量も非常に多くなります。

 

1ボトルは12リットルとなりますが、注文ノルマをしっかりとクリアできるケースがほとんどなので、心配する必要はありませんよ。

 

ちなみに3人暮らしの場合は、ひと月あたりの仮想利用本数は12リットルボトルで4本程度です。

 

天然水であれば1ボトル2,000円程度なので8,000円程度になりますし、RO水であれば1ボトルあたり1,200円程度なので4,800円ほどになります。

 

その料金で家族の飲水はほとんどまかなえるわけなので、それほど高い、といった印象はないと思います。

 

利用してみて、かえってお得になった、と感じている方も居るほどなんです。

 

 

■一人暮らしをしている方の利用について

 

・一人暮らしにおすすめのプランもある!

 

最も適していないと思われているのが一人暮らしの宅配水の利用です。

 

それほどの量を利用しないので、注文ノルマを達成できないのではないか、と思われているのです。

 

しかし、一般的に利用していれば注文ノルマは達成可能です。

 

例えば、1日あたり1リットル利用したとしても、月に30リットルは消費できるのです。

 

多くの業者の注文ノルマは月に12リットルボトル2本なので、楽に達成できます。

 

さらに、一人暮らしの方には卓上タイプのウォーターサーバーを利用する、といったおすすめの方法まであるのです。

 

一人暮らしであれば、通常のサーバーは少し大きすぎるものです。

 

卓上タイププランであれば、ボトルの大きさも4.5リットルなど小さめになるのでずいぶんと利用しやすくなりますよ。

 

卓上タイプになると電気代が安くなる、といったケースもあるので、メリットは実際に大きいのです。