電気代も少ないウォーターサーバーに注目だ!

ウォーターサーバーを利用しようか悩んでいる時に心配してしまうのが、電気代になります。

 

ずっとコンセントにつなげていなければなりませんし、電源も入れっぱなし状態なのです。

 

いくら水が低価格であったとしても、電気代が高くなってしまえば家計を圧迫してしまいますよね。

 

こちらでは、実際にウォーターサーバーを使うと電気代はどの程度になるのか、といったことをお話します。

 

電気代のこともあり、導入するかを悩んでいた方は必見です。

 

 

■ウォーターサーバーの基本的な電気代金とは?

 

・月々1,000円程度が基準である

 

ひと月あたりの電気代が、1,000円程度で済むのです。

 

年間で、12,000円なので、それほどかからないじゃないか、と思った方も多いかもしれませんね。

 

月々1,000円ということですが、実はポットを使ったのと同程度になります。

 

ウォーターサーバーを利用するようになれば、80度や90度といった高温の水も使えるようになるので、ポットを利用する必要はなくなります。

 

ですから、ウォーターサーバーを使ったからといって、電気代の支出が増える、といったことは全くありません。

 

かえってお得になってしまうこともあるほどですよ。

 

電気代で悩んでいることは全くの無駄ですので、ウォーターサーバーの導入を前向きに考えましょう。

 

 

■ウォーターサーバーのエコモードって何?

 

・節電機能のことを指している

 

仮にエコモードを利用すると、電気代がさらに安くなるのです。

 

節電機能なので、さらに電気代を節約したいときには有効活用しましょう。

 

 

・エコモードを利用すれば、どの程度の電気代になるのか?

 

サーバーによってもかなりの差がありますが、月々の料金が300円から700円程度とされています。

 

通常の状態と比較すると、半分近い価格になることもあるので、活用を検討すべきです。

 

ただし、エコモードに関してはデメリットがないわけではありません。

 

 

・冷水機能と温水機能が弱くなる

 

例えば、通常モードで冷水機能が7度、温水モードが90度であったといます。

 

しかし、エコモードを発動してしまうと、冷水機能が13度、温水モードが80度といったようなことになります。

 

それぞれの機能をダウンさせてしまうのです。

 

ひんやりと冷えたキンキンの水を飲みたい、アツアツのお湯を利用したい、といった場合には適していないのです。

 

ただ、使いたい時だけ通常モードにして、しばらく時間をおいて利用する方法もあります。

 

普段は節電モードにしておけば、それなりの電気代節約効果はありますよ。