宅配水がひとり暮らしにも便利な理由を調べてみた!

宅配水は家族がいる方が利用しているイメージが有ります。

 

しかし、その状況が現状では大きく変化してきたのです。

 

実際に一人暮らしの方の利用も広まっています。

 

こちらでは一人暮らしと宅配水の相性について調べてみました。

 

なぜ便利である、と捉えられているのでしょうか。

 

 

■水の買い出しの必要がなくなる

 

・仕事帰りの買い物が楽になる

 

一人暮らしをしていると、仕事の帰りにスーパーに寄って買い物をしてくることになります。

 

仕事をして疲れた身体に、さらに買い物業務、といったものは堪えますよね。

 

特に水は重量もあるわけです。

 

特に女性の一人暮らしにはキツすぎます。

 

しかし、宅配水であればどうでしょうか。

 

水の買い出しの必要がなくなるのです。

 

水が家に直接届くようになるので、買い物の手間が限りなく少なくなります。

 

そんな理由もあって、宅配水が一人暮らしにも便利である、と捉えられているわけです。

 

 

■水の受け取りが簡単である

 

・家にいなくても水を受け取れるシステムが有る

 

一般的に考えると、一人暮らしだと、水が配送されてきた時に家にいないケースがほとんどですよね。

 

仕事があるわけです。

 

その場合は、どうすればよいのか、と思ってしまうわけです。

 

休みの日に再配達をお願いしなければならないのか、と面倒に感じてしまうかもしれません。

 

実は、「取り置きサービス」といわれるものがあるのです。

 

取り置きサービスとは、水を玄関先など決められた場所においていってくれるシステムになります。

 

仕事から帰ってきたら、その場所に置かれたボトルを家の中に入れればよいだけです。

 

受け取りに関する手間が実際に殆ど無いのも、一人暮らし家庭での導入が進んでいる理由になります。

 

 

■卓上タイプのサーバーも出てきた

 

・8リットルタイプや4.5リットルタイプもある

 

ウォーターサーバーのボトルサイズといえば、12リットルが基準ですよね。

 

しかし、一人暮らしだと、12リットルでは大きいです。

 

12リットルボトルを設置するサーバーに関しても、かなり大きなサイズになるので部屋で邪魔になりやすいです。

 

その点も、ウォーターサーバー業者はしっかりと考えており、ボトルサイズが小さいものも実際に用意しています。

 

それが、8リットルボトルと4.5リットルボトルなのです。

 

そして、サーバーについてもサイズダウンに成功しています。

 

ボトルが小さいので、サーバーを大きくする必要もありません。

 

卓上といった小さめタイプで間に合うのです。

 

卓上タイプであれば、ワンルームマンションでも邪魔になりにくいですよね。