ウォーターサーバーの失敗例を徹底的に調査してみた

必要だと思ってウォーターサーバーを利用するのですが、結果的に失敗してしまう方も少なくありません。

 

こちらでは、代表的なウォーターサーバーの失敗例について解説します。

 

実際に、どんな条件で失敗してしまうのでしょうか。

 

これからウォーターサーバーを導入しようと思っている方は必見です。

 

 

■水の消費が出来なかった

 

・思ったよりも水の消費量が少ないこともある

 

一人暮らしの場合によくあることなので注意しましょう。

 

ウォーターサーバーは定期配送されるシステムになります。

 

そして月あたりの注文ノルマといったものが決まっているので、それを超えないといけません。

 

結果的に、注文ノルマを達成しようとすると、消費しきれなかった、といった失敗例が多いのです。

 

一人暮らしの方は、注文ノルマの本数が少ないところを選択しましょう。

 

また、無料にて途中で利用をストップできるサービスを探すのもお勧めです。

 

 

■思ったよりも利用していたらコストが掛かってしまった

 

・水の料金だけにとらわれないこと

 

ウォーターサーバーを選ぶときに、水の料金はしっかりと比較すると思うのです。

 

しかし、その他の諸費用についてあまり気にしないでいる方も少なくありません。

 

結果的に高額の費用になってしまうことに気づいて、後悔している方も少なくないです。

 

そもそもウォーターサーバーは途中で解約すると違約金を取るケースが多く、なかなか解約できないこともあるわけです。

 

契約する時は慎重にならなければなりません。

 

・どんなコストがかかるのかを認識しよう

 

サーバーのレンタル代金や電気代金、メンテナンス費用は必ずチェックしてください。

 

特に、サーバーのレンタル代金は重要です。かかってくる場合には、毎月一定の金額がかかるのです。

 

数百円から1,000円程度は「毎月の費用が上乗せされるので充分に注意してくださいね。

 

ただ、中にはレンタル代金がかかってこないところもあるので、その点は注目しておきましょう。

 

電気代金はサーバーの能力にも大きく関わってきます。

 

最近では省エネタイプのサーバーも多くなってきており、かかる費用は少なくなりつつありますが、毎月かかってくる費用になるので注目しておかなければなりませんよ。

 

メンテナンス費用に関しては、月々の費用に上乗せされるタイプ、実際にメンテナンスが実施されるときにかかるタイプ、メンテナンスが必要ないので費用がかからないケースがあります。

 

金額を重視するのであれば、メンテナンスが必要ないサーバーを利用しましょう。