コストパフォーマンスに注目|宅配水はやっぱり割高?

宅配水の利用を考えるときに、注意したいのがコストパフォーマンスの面です。

 

料金的に高ければ、利用は断念したい、と思っているかも少なくありません。

 

いくら良い水が利用できるからといって、金額は気にしない、といった方はいないと思います。

 

こちらでは、宅配水の料金について詳しく解説します。実際にどの程度の料金で利用できるのでしょうか。

 

また、ウォーターサーバーの場合は、水の料金以外にもいくつかの費用がかかってきます。

 

そちらの解説も合わせて行なうので注目してくださいね。

 

 

■宅配水の料金とは?

 

・天然水のケース・・・2,000円前後12リットル
・RO水のケース・・・1,000円から1,500円程度12リットル

 

天然水のほうが割高でRO水は安価になります。

 

ただ、上記の金額だけでは実際にイメージしづらいと思います。

 

500ミリリットルのペットボトル1本あたりではどのくらいの金額になるのかをチェックしてみましょう。

 

天然水の場合は、500ミリリットルのペットボトル1本分あたり約83円になります。

 

一方の、RO水に関しては仮に12リットルで1,500円とすると、500ミリリットルのペットボトル1本分あたり約62円になります。

 

12リットルで1,000円とすると約41円です。

 

このように500ミリリットルで考えてみると、比較的安価になることがよくわかると思います。

 

天然水は高額といったイメージもありますが、実際にはそれほど高くないのがよく分かってもらえたでしょう。

 

 

■ウォーターサーバーを利用し続けるにあたり、かかってくる費用

 

・サーバーのレンタル代金について

 

かかってこないケースも有りますが、かかってくる業者では月あたり数百円から1,000円程度になります。

 

少しでもお得にウォーターサーバーを利用したいのであれば、サーバーのレンタル代金がかかってこないところを利用すべきです。

 

仮に月に1,000円かかるとすると、半年で6,000円も金額が変わってきてしまいます。

 

・水の宅配料金(送料)について

 

一般的にこちらの心配はありません。

 

送料はかからない設定となっているところがほとんどなのです。

 

安心して宅配サービスを利用してくださいね。

 

・登録料はかかるのか

 

会員になる時にかかる費用に関しては心配ありません。

 

基本的に、初期費用については取られることは殆ど無いのです。

 

ウォーターサーバー業者は、水の代金で利益が出るように設定されています。

 

・電気代金について

 

サーバーはずっと使うことになるので、電気代金は気になりますが、月あたりの費用は高くありません。

 

例えば、月額1,000円未満といったケースもあるほどです。

 

中には、500円を切ってくるタイプのものまでありますよ。