失敗しないウォーターサーバー選びを徹底調査してみた

ウォーターサーバーは数多くあります。

 

その中から、どれを利用しようかで悩んでしまう方も少なくないのです。

 

こちらでは、おすすめのサーバーの選び方をお話します。

 

以前サーバー選びで失敗してしまった経験がある方は必見ですよ。

 

 

■目的に則したウォーターサーバーを選ぶべき

 

・おいしい水を飲みたい場合

 

高度が低い水が美味しいと感じやすいです。

 

超軟水と呼ばれるケースが多い、硬度が「30」以下のものを選択しましょう。

 

硬度が高くなってしまうと、飲みにくさを感じてしまうこともあるので注意してください。

 

 

・調乳のために利用したい場合

 

硬度が高いと問題になるので、前述した超軟水タイプか、硬度自体が殆ど無い純水を選んで利用してください。

 

ミネラル成分が少ないものを選ぶ、といったことが大切です。

 

・料理のためにウォーターサーバーを利用したい場合

 

水の価格が少しでも安いものを選びましょう。

 

料理には大量の水を使うことになります。

 

水の値段が高いと、家計を苦しくしてしまうかもしれません。

 

また、料理の種類によって選ぶのもお勧めです。

 

和食をよく作る過程は軟水がお勧めですし、洋食が多い家庭では硬水がおすすめになります。

 

 

■サーバーの電気代金をチェックしておくこと

 

サーバーの維持費といったものを考えない方が思ったよりも多いのです。

 

実は、ちょっと水が高かったとしても、電気代が安ければ、十分に元が取れることもあります。

 

各ウォーターサーバー業者の公式ホームページには、必ずと言って良いほど電気代金がしっかりと掲載されています。

 

いくつかの業者の電気代金をメモして比較してみましょう。

 

 

■ノルマをチェックしておくこと

 

・1回の注文で2ボトル以上注文しなければならないケースが多い

 

一人暮らしの場合は、少しの水しか使わないこともあります。

 

しかし、各業者では1回の配送や月あたりの注文本数を決めているのです。

 

そのノルマを下回ってはいけないので、この点は必ずチェックしておく必要はあります。

 

ただ、家族が多いご家庭では、利用量もかなり多くなると思うので、ノルマに関しては気にしなくても良いケースもないわけではありません。

 

 

■最低契約期間と違約金をチェクしておくこと

 

・一般的な最低契約期間と違約金:1年間・5,000円から10,000円(税抜き)

 

最低契約期間を超えてからの解約には違約金は発生しません。

 

しかし、その最低契約期間を超える前に解約をしてしまうと、違約金がかかってしまうのです。

 

この点を理解しないでいると、違約金がかかってびっくりしてしまうこともあるので事前に確認しておきましょう。